新着情報
★公募★戯曲、ブラッシュアップしてみませんか?

ドラマリーディング&ブラッシュアップする戯曲を募集します。上演したものでも構いません。短編、中編、長編、応相談です。当日、お越しになれる方に限ります。応募要項を確認の上、ご応募ください。応募多数の場合は、きちんと読んだうえで、取り上げる戯曲を選考いたします。ぜひともご応募ください。

  • 第19回目:2022年12月5日(月)19:00〜21:00(戯曲募集締切10月30日)
第7回俳優A賞エントリー団体(応募順)

第7回俳優A賞のエントリー団体が決定致しました。下記の団体から第7回俳優A賞が決定となりますので、お見逃しなく。


  • リードワン/Nana Produce/HarvestTime
  • 16号室
  • 劇団ジャブジャブサーキット
  • とよた演劇祭
  • ハコトバコ
  • みきなお計画
  • 愛知人形劇センター
  • 東海ラジオ放送
  • 劇団「放電家族」
  • 天野順一朗ソロアクト2022
  • 総合劇集団俳優館

ご応募ありがとうございました。審査スケジュール等は公演10日前までに担当者よりメールを差し上げます。

※公演中止や公演時間の変更は速やかにご連絡ください。尚、変更により審査員が伺えない場合は審査対象外となる場合がございます、予めご了承願います。

東日本大震災10年オンラインイベント「3.11~震災戯曲でふり返る10年」動画公開

特設サイトは2021年4月11日で更新を終了しましたが、本動画については引き続き公開して参ります。


あの日から10年。演劇人は、当時なにを考え、10年間どのように演劇を作ってきたのか? 風化に抗い、後世に伝えるべきことを伝えるために、この節目に開催する企画。震災戯曲のリーディングを各地で撮影、オンラインで配信します。


■「瓦礫と菓子パン~リストランテ震災篇」(作:くらもちひろゆき)

2011年9月 架空の劇団により、横浜・相鉄本多劇場にて初演。「メニューを読む」ことを中心とした、朗読劇「リストランテ」シリーズの震災篇。震災直後、岩手県沿岸の避難所などで、どんなものを食べていたのか? どのような様子だったのかを取材し、当時のマスコミには決して載らなかった、英雄譚でも悲劇でもない、被災地の貴重な現実を、新聞記事や手記なども含めて構成した作品。

  • 作:くらもちひろゆき
  • 演出:渡山博崇
  • 出演:渡山博崇、いしぐれじゅんこ
  • トーク出演:天野順一朗、刈馬カオス、はせひろいち、佃典彦
  • 撮影・編集:いしぐれじゅんこ
  • 配信:初瀬川幸次郎
  • 制作:一般社団法人日本劇作家協会 東海支部
  • 主催:一般社団法人日本劇作家協会 東北支部+高校演劇委員会

■震災10年企画の特設サイト http://shinsai-engeki.com/shin10year/

東海支部について
日本劇作家協会東海支部とは
東海支部

日本劇作家協会・東海支部は、主に愛知・岐阜・三重在住の劇作家協会員(約30名・2015年4月現在)で運営しています。

毎年の主な活動は、20分の短編演劇コンペ『劇王』などの愛知県長久手市文化の家との企画や、『ミノカモ演劇祭』という岐阜県美濃加茂市で行われる学生劇団の演劇祭です。その他、各地のイベントに参加したり、新しいことをやったり、柔軟に、精力的に活動しています。普段、自分の劇団やユニット、または個人としてそれぞれ活動している劇作家たちが、毎月1回地道に集まり、裏方も地道にこなしながら、面白いものをつくっていきます。

『毎月1回、名古屋市内で開催される支部会に参加できる、劇作家協会員』

であれば、誰でも支部員になることができます。ご興味を持たれた方は、お気軽にご連絡ください。