新着情報
2017年。ナビイチリーディング、始まります。

昨年秋、プレ企画の形で行われた好評だった『ナビイチリーディング』が、今年から定期開催します。

日本劇作家協会東海支部・事務局長の鹿目由紀氏を中心に、戯曲のブラッシュアップを目的としたドラマリーディング、その後、観にいらしてくださったお客様も参加してのディスカッションというスタイルで、ナビロフトで(ほぼ)毎月開催していきます。

『ナビイチリーディング』は、日本劇作家協会主催の人気企画『月いちリーディング』に感銘を受け、東海でも独自のものを開催しよう、と始まりました。劇作家が、純粋によりよい戯曲にするための方法を考える、ストイックなワークショップです。東海地区の素敵な俳優陣によるドラマリーディングも見所です。ぜひともお越し下さい。

鹿目由紀


●日程:2017年7月31日(月)19:30〜21:30(リーディング上演+ディスカッション)[18:45受付開始 19:00開場]

●会場:ナビロフト(名古屋市天白区井口二丁目902)

●参加費:500円


●今回の戯曲:『寒椿となわとび』 作:鏡味富美子

●今回のファシリテーター:中内こもる(劇団中内(仮))

●今回のコーディネーター:鹿目由紀(劇団あおきりみかん)

●リーディング出演者:おぐりまさこ(空宙空地)、鈴木亜由子(星の女子さん)

●ディスカッションゲスト:刈馬カオス(刈馬演劇設計社)

★公募★戯曲、ブラッシュアップしてみませんか?

10月30日(月)の開催に向けて、ドラマリーディング&ブラッシュアップする戯曲を募集します。上演したものでも構いません。短編、中編、長編、応相談です。当日、お越しになれる方に限ります。詳細は以下のフォームでお問い合わせください。応募多数の場合は、きちんと読んだうえで、取り上げる戯曲を選考いたします。ぜひともご応募ください。

2017年『俳優A賞』対象作品の募集について

●応募方法
当サイトのエントリーフォームよりご応募ください。

●応募期間
2017年6月1日(木)〜7月31日(月)

●審査員
加藤智宏(演出家・perky pat presents主宰)、木村繁(演出家)、西本ゆか(朝日新聞社会部記者)、ノグチミカ(演劇ファン)、望月勝美(編集者・ライター)、佃典彦(劇作家・演出家・俳優・劇団B級遊撃隊主宰)、はせひろいち(劇作家・演出家・劇団ジャブジャブサーキット代表)

●オブザーバー
安住恭子(演劇評論家)


※俳優A賞は、日本劇作家協会東海支部が2015年創設した賞です。

『劇王XI〜アジア大会〜』について

東海地方で生まれ、現在は全国各地で開催されているあの劇王が遂に復活。しかもアジア大会! 全国各地の劇王に加え、アジア3カ国からも参戦します。詳細が決まり次第お届け予定です。

●日時場所
2017年9月15日〜17日@長久手市文化の家

●参加予定地域
札幌、東北、関東、甲信越、東海、関西、中国、四国、九州(以上国内)、韓国、香港、シンガポール

東海支部について
日本劇作家協会東海支部とは
東海支部

日本劇作家協会・東海支部は、主に愛知・岐阜・三重在住の劇作家協会員(約30名・2015年4月現在)で運営しています。

毎年の主な活動は、20分の短編演劇コンペ『劇王』などの愛知県長久手市文化の家との企画や、『ミノカモ演劇祭』という岐阜県美濃加茂市で行われる学生劇団の演劇祭です。その他、各地のイベントに参加したり、新しいことをやったり、柔軟に、精力的に活動しています。普段、自分の劇団やユニット、または個人としてそれぞれ活動している劇作家たちが、毎月1回地道に集まり、裏方も地道にこなしながら、面白いものをつくっていきます。

『毎月1回、名古屋市内で開催される支部会に参加できる、劇作家協会員』

であれば、誰でも支部員になることができます。ご興味を持たれた方は、お気軽にご連絡ください。